nacell BLOG

哀愁ソロシンガー谷田一心の音楽と日々のブログです

「nacell」ナセル は只今無期限休止中です。

2010年06月23日

(すべては人対人なんですよ)


…続き

約束の時間までに連絡はなかった

とにかく仕入先へ急ぐ。

専務「いや〜今回は参ったな。上がってるで」

(頼む専務、ニヤケタ顔で言わんといてくれっ)

二人で品物をチェックする

「…大丈夫ですね。ありがとうございます。」

ひとまず安心。

専務「今回はホンマうちも大変やったわ。オタクも大変やったやろうけど。図面ないのが間違いやわ。次回からは頼むわな。」

(今それ言うんかいっ!最初に今回図面のない加工やからアンタに入念に説明したやろが!)

「…説明はキチンとさせてもらいましたよね、専務さん」

専務「いや〜口で言うてやと後で何かあると証拠もないからなぁ」

(アカン…オレガコワレテイク)

落ち着け、落ち着け、餅つけオレ…ペッタン

(ふぃぃ〜 何とか正気に)

「。。ですから今回ミスがあった時にこちらは動けるだけ動かせてもらいましたし、先方さんにもお詫びして待っていただいてるんです。…………こちらとしては精一杯対応してるやないですか!…………」

あかんアツくなってしもて、言葉は選んだつもりだが…口から洪水のように不満めいた言葉が。。


ふっと

ダムが口の中に降ってきた。
自制心ってやつか。
ヤバかった

すると
専務「うちもミス分被ってるんやで、どないしたいんや君は!?」

(ミス被ってるやと!こっちは得意先無くすかもしれんし、金ももらわれへんかもしれんのやぞっ。誠意をみせんかいオッサン!
しかも謝るってのを知らんのかゴラッ)

「そちらが被られてるのもわかります…。…とにかく急ぎますので」

今後の取引が無くなると、色んな部分でとても困る自社のこともあり、もう何も言えなかった。

専務「次からは図面付で頼むわなっ」」


「ええ、次回からはそうさせていただきます。 今後も…‥

‥ヨ‥ロ‥シ‥クお願いいたします」

悔しすぎて声が震えた……。



急ごう。。
連絡をとると、今からそちらに向かうとのこと。

30分くらいか…あっという間に来られた。



また二人で検品する。

ユーザーさん
「大丈夫そやな。やっとこさ出来ましたな。
おおきに。」

「大変遅くなってしまい、御待たせしまして本当に申し訳ありませんでした。」

ユーザーさん
「今回は私も大分と頭下げさせられましたわ(笑)そちらも大変やったでしょう。このパーツはね大手のガードレール作ってる機械に取り付ける部品でしてね、納期延ばしてもらうのは大変でしたが、昨日の時点でなんとか今週いっぱいまでみてもらえるよう頼み込んできましたんですわ。長いことやってきてますんで、ワシはそういうの慣れとります。
大手さんや言うても最終的には担当者との人と人の関係やからそこをちゃんと出来てたらどないかなりますんよ(笑 」

出来上がりを渡すと
一言も愚痴らず、怒らず
やんわり話す小柄な五十半ばのこの方の言葉がすっと入ってくる



そして用意してた缶コーヒーを二人で飲みながら
鹿児島から出てきて今の仕事に就いてからの出来事などを聞かせてくれた。

「色々あったが対応と機転、そしてやっぱり人対人なんですよ」

「おおきに」

そう言って何度か頭を下げ帰られた。

「ありがとうございました、ありがとうございました」

自分も何度も頭を下げながら、自然とこみあげる涙を会釈で隠した。


また大切な1ページが自分の中に残った。







あとがき

帰り際、「値段はちょっとまけといてや(笑)」
流石はベテランである

「はい!、勉強させてもらいます」

早速、値引きの書類を「ありがとう」と呟きながら書いた。


そうそう、昨日思い出したんやけど…

オレ、
今年、前厄やったわ(笑)


posted by nacell[谷田一心,かっぴ,] at 16:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。