nacell BLOG

哀愁ソロシンガー谷田一心の音楽と日々のブログです

「nacell」ナセル は只今無期限休止中です。

2011年09月15日

ライブ後記

2011091318110000.jpg2011091318110002.jpg2011091318130001.jpg当日、楽屋におはようございます!と入ると
ぉはょ…うぅッ。と体を屈めながら痛んでいる安井君がいた。

聴くと昨日酔っぱらってコンクリの滑り台に激突したらしい…「ええ歳してなにしてんやろオレ。。厄年でもないのに」そう彼は今年こういった事が多々あった。ライヴ観てテンション上がって酔っぱらって撃沈。ほんと未だ愛すべき少年の様。けど身体には気をつけてもらいたい。強度の打撲で済んで良かったよ。ホンマ

さてライヴ
森山直道、声のトーン、ギターのセンス、天然マイペースなしゃべり、今回も存在が光るアーティストだった☆。

自分の番、新曲達から入りバンド時代の曲を混ぜ今、自身のやれる事を落ち着いて歌った。そして、この日を境に初心の初期衝動を今に混ぜ合わせた事をやりたいと強く思った。変わらないモノと変わってきたモノとでこの先へ。

オーガストインディアン、独特な歌詞に哀愁ある声がハマる。二人が織り成すグルーヴも心地よい!。今回の関西ツアー11本で更なる飛躍しそう♪。

嶋田圭造、前半の緊張(笑)から解き放たれてからの彼はクルものがあった!!。等身大を唄った歌が名曲だった。

シモムラソウシ、開始からのドハイテンション、もって行き方に迷いがなかった♪。MCでは今言うの!みたいな
「カミングアウトします!
一心さんの曲のタイトルをブログで観て逆読みしたタイトルをパクりました!!(笑)」それはそれで自分には嬉しくもある話。
そんなこんなで盛り上げてくれた♪

なんかイベントみたいな日だったなっ。

続けているときっとまた
突き進んだ各々で出会える面々との約束の日みたいな夜だった。

写真はこの日のリハ後、扇町公園にて



男とは約束を守る生き物なのでアール!ドドンッ


posted by nacell[谷田一心,かっぴ,] at 13:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。